ニキビ化粧水とケミカルピーリング

お顔を中心にして悩みがあるのがニキビではないでしょうか。 ニキビケアの方法は色々とありますが、ここではケミカルピーリング とニキビ用化粧品についてご紹介します。
ニキビ跡を消す化粧水、選ぶなら?

ケミカルピーリングは、お肌にサリチル酸やグリコール酸などを 代表とする化学薬品を塗って、お肌の角質を一度剥がし、表皮の ターンオーバーをしてニキビやシミ・シワを改善していく治療方法 で話題になっています。

ニキビで施術されるケミカルピーリングは角質のみの浅いピーリング になりますから、グリコール酸を利用されるケースが多いでしょう。 年齢とか皮膚の乾燥レベルによってもケミカルピーリングの頻度は 異なりますが、2週間に一回程度を5回から6回繰り返します。

ニキビ改善に効果が高い治療方法として知られていますが、ピーリング が導入された初期はエステサロンでも技術不足でトラブルもあったよう ですが、近頃では治療のガイドラインも制定されており安全で効果的な 治療法になっています。

そしてケミカルピーリングと平行して毛穴の引き締めや美白効果などの 美肌作用があるビタミンCのイオン導入により一層効果がでるように なっています。

ビタミンCによってニキビの大敵である活性酵素を除去すると同時に コラーゲンの生成を促進しメラニン色素の合成を押さえる事ができます。 ケミカルピーリングは皮膚科や美容外科で施術できますのでご相談ください。

次にニキビ用の化粧品や洗顔料についてのご紹介をしてましょう。 ニキビ跡になってしまうと化粧品では治すことができませんが、 初期段階の黒ニキビや白ニキビであればニキビ用化粧品で治療する ことは可能です。

注目したいのはビタミンC誘導体を含む化粧品で、ヒアルロン酸の二倍 の保湿力があり高い抗酸化作用もあり活性酵素を取り除くことができます。 こういった効果によって皮脂の酸化を防止して皮脂の分泌を抑制し ニキビ予防には効果があります。

そして緑茶化粧品もおすすめできます。緑茶の葉緑素は汚れを分解して 紫外線を防いでくれますし、高い抗酸化作用もあるとともに老化の 原因となる活性酸素の抑制する働きがあります。

以上、ケミカルピーリングとニキビ用化粧品について説明しました。 ニキビに効果的な成分を含む特徴のある化粧品を利用したりニキビ用の 洗顔料とセットにしてケアすると、ニキビ跡を作る事なく綺麗に治すこと ができます。

LUX

お口周りのニキビを改善

お顔のパーツの中でも口の周囲に生まれてしまったニキビは、内臓の不調から来るものも多いです。特に「胃」が疲れている場合に生まれる事が少なくないと言われています。

暴飲暴食によって胃にストレスを与えてしまったり、メンタル的な負荷を意が感じ取ってしまうと、胃は正常な働きができません。

口というのは消化器官のスタート地点です。口からスタートし、食道を通り胃を経て消化器官へと進んでいくために、胃の調子の悪さというものは口元にニキビとなって生まれてしまいます。

胃の疲れはお肌だけではなく様々な体の不調となって現れますが、口の周囲にニキビが現れ始めたら、体からのSOSだと思っていいのかもしれません。生まれてしまったニキビの治療だけではなく、体全部をケアする気持ちで治していって下さい。

勿論お口周りにニキビができたという事が、すべて胃からくるサインだと言うわけではありません。元々お口の周囲というのは乾きやすく、汚れも付着しやすい場所です。いつもきちんとスキンケアを行っているケースでも、うっかり忘れがちな部位でもあります。

保湿対策をしない事でお肌が乾燥してしまい、皮脂の塊が毛穴を塞いでニキビの温床となってしまうことも、お口の周りにニキビが生まれる原因のひとつです。 外部からの改善策としてはとてもシンプルですが、いつも清潔に保っておくことと、しっかりとしたスキンケアでお肌の保湿を心がけることがお勧めだと言えます。

それでは、お口の周囲に生まれてしまうニキビを内側から治していく方法を見ていきましょう。

まずは食べ過ぎ飲み過ぎを止めましょう。食欲が出ないときは胃が休憩したがっているということです。空腹感を感じたら食事を取るという方法を選択し、暫く胃の働きを休ませてあげる事が重要です。

胃が荒れている際に向いている飲み物としてはお茶が挙げられます。お茶には胃を活動的にしてくれる効用があるからです。とはいえお腹が減っている時にお茶をたくさん飲んでしまうと胃に刺激を与えてしまいますので、飲むタイミングには注意して下さいね。お茶の中でもハーブティが向いていると言われています。

お茶のほかにはミルクもオススメです。胃の粘膜をカバーしてくれるだけではなく、胃酸の抑制にも一役買ってくれます。温めて飲む事で刺激も少なくて済むようです。また野菜ジュースなどには、ニキビ改善に効果的なビタミン類が入っていますので、バランスを見ながら上手に摂取したいものです。

お口周りにニキビが生まれてしまったら、内側からは胃の休息とビタミン摂取を、外側からは清潔さの維持とスキンケアを、これら二つのケアでニキビを改善していきましょう。

ニキビとマスクの関係

ニキビがお肌にある時にマスクを着用するのは、ニキビにとってどうなのでしょうか。

お肌がムレそうだし、かゆみが生まれそうですが、実際ニキビ発生時のマスクはお勧めできません。マスクが必須な看護師さんにもニキビに困らされている方がたくさんいます。

マスクを着用する事でお肌には刺激を与えてしまい、それが痒みの原因になり、お肌トラブルへと繋がってしまうのです。また通気性が悪くなるためにムレてしまい、雑菌が繁殖し、ニキビが生まれやすいお肌になってしまいます。これがマスク着用でのニキビが生まれやすく改善しにくい大きな理由です。

ニキビが生まれてしまった際、メイクをしなくて済むのであればしないままでいたい人は多いのでは?と思います。近所に出かける時にはマスクでお顔をカバーして出かける人も少なくありません。

ですが、上記でも触れたように、マスクを使用すると、ニキビが生まれているお肌には負担をかけることに繋がり、今よりももっとニキビをひどくしてしまう可能性は高いのです。出来れば出かける際のマスクは我慢した方が良いと思います。

もしも風邪や花粉症などでマスクを手放せないときには、マスク購入時にポイントを絞ってみるのがお勧めといえます。 まずはサイズですが、にきびにマスクが触れないサイズを意識し、いつもより大きめのマスクを選ぶのがいいでしょう。

また柔らかい素材を使ったマスクや、ペッタリしたものではなく立体的なマスクを選ぶことも、ニキビに対するストレスを軽減できます。 花粉が飛ぶ春や秋などはスーパーやドラッグストアなどでも色々な種類のマスクを並べてます。自分にあったサイズ、素材のものを選択して下さいね。

ここ数年では香りで癒してくれるアロママスクなども登場しました。女性にとって癒しはとてもうれしいものですし、支持する人も多いようですが、アロママスクの多くには香りの元が含まれているものが少なくなく、パッチテスト済みのものとはいえお肌を刺激してしまうリスクも全くないとは言い切れないため、使用するときは気をつけてくださいね。

ところで「エアマスク」というものをご存知でしょうか。同じマスクとはいえ、エアマスクは顔に着用するものではなく、首からさげて使用するものです。二酸化塩素薬を活用し、花粉やウィルスをお顔に近寄らせないようにする仕組みなのだとか。風邪予防にも花粉対策にも、エアマスクでしたらニキビが生まれてしまったお肌にも優しいマスクだと言えそうです。